息子との帰り道

Ads

息子と家まで歩いて帰った。

息子を小さい頃預けていた託児所の前を通った。

昼は保育園、夜は託児所に預けて仕事していたなー。

小さい頃からここで育ったねぇと昔話。

急な階段を上った2階にある託児所から、息子をおぶって娘の手を引き毎日帰ってた。

大きく産まれた息子は日に日に重くなり、手を引かれた娘は眠たさに泣きながら歩いていた。

くたくたに疲れ息子をおぶったまま、

階段を踏み外し

辛くて辛くて涙が出た夜を思い出した。

そんなことを思いながら隣を見たら

とうにあたしの背を越し

軽々とあたしをおぶってくれる息子が笑っていた。

また涙が出そうになった。

Ads