父の終活

一昨年の終わりだったか、父が工場のシャッ …